歯医者が教える虫歯や歯周病予防プラン

歯磨き習慣が入口

歯磨き

歯ブラシは、ペンのように持つのが一般的で、基本です。
あまり力を入れ過ぎず、小刻みに動かしたり、隙間に沿わしたりして、歯や歯茎を傷めないように磨きます。
歯周病に効果のあるバス法と、スクラッピング法があります。
歯磨き方法のバス法は、歯ブラシを歯と歯茎に45度の角度であてて、少し差し込むような形で小刻みに歯ブラシを動かして、汚れをかき出す方法です。
歯茎のマッサージ効果と、歯と歯茎の隙間の歯垢を取る効果があります。
歯垢は、歯ブラシの毛先があたらなければ除去出来ませんので、歯周病予防に役立ちます。
歯磨き方法のスクラッピング法は、歯ブラシを歯に垂直にあて、1本ずつ丁寧に磨くつもりで、歯の側面から前後左右に小刻みに動かして、磨く方法です。
歯と歯茎の間の歯垢もいろいろな角度からかき出す形です。

奥歯や、歯並びの悪い場所の磨き方

下の奥歯は、磨き残しが多いので、口を閉じて少し開け、毛先が密着するように歯ブラシで奥歯の周囲を、小刻みに動かして、丁寧に磨きます。
奥歯の裏側は磨きにくいので、口を大きく開けて、歯ブラシをバス法でより密着させながら、丁寧に磨きましょう。
上の奥歯は、スクラッピング法で1本ずつ丁寧に磨きます。
前歯も、スクラッピング法で左右に小刻みに磨きます。
上の前歯の裏側は、歯ブラシを縦にして、歯の隙間に差し込むようにブラッシングしてみることも必要です。
下の前歯の裏側は、歯ブラシを立てて毛先を使って、溜まりやすい歯垢を少し力を入れてかき出すように、丁寧に磨きましょう。
歯並びが悪い、重なったところは虫歯になりやすいので、歯ブラシを立てて、一本ずつ丁寧に磨きます。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ